生き証人プロジェクト と ご協力のお願い

  • 2013.12.30 Monday
  • 23:06
〜誇りある祖国のために、世代を超えた連帯を〜
○趣旨

日本と日本国民を苦しめる自虐史観や間違った歴史認識を正し、誇りと名誉を守るため
当時を知る旧日本軍の方々に事実に基づいた証言や署名をいただき、広く世間に発信していきます。

○方法
私たちスタッフが直接お会いして、当時のお話を伺ったり署名を頂戴いたします。
署名だけでも結構です。いただいた証言は動画や文書にしてインターネットを通じて発信。
将来的に英語版も作成し、世界中の反日活動に対抗します。

○背景
日清日露から大東亜戦争まで、日本軍人は規律正しく国際法を遵守し、見事に戦い抜いてくださいました。
一方戦後の復興と繁栄の陰で教育や道徳はおざなりにされ、とりわけ正しい歴史観を教わっていない戦後世代の多くは
自国に誇りをもてずにいます。
史実を知らない故、安易に謝罪したり、日本が悪かったと思い込まされる事態が蔓延しています。
中でも『従軍慰安婦問題』は深刻です。確たる証拠がないにも拘らず、近年では海外でも日本の名誉を著しく貶めています。

○生き証人プロジェクト
この状態を何とかできないか。何か方法はないだろうか。
私たちは日本の名誉を守るためには、当時を知る方々のご協力を仰ぐことが一番有効な方法だとかんがえました。
『従軍慰安婦は存在しなかった』『国家による強制連行はなかった』と言った証言を一つでも多く集め一人でも多くの方に伝えて行きたい。世代を超えた連帯、これが生き証人プロジェクトの心です。


○旧日本軍人の皆様へ
かって大東亜戦争を戦い、私たちの大切な祖国日本を守ってくださり、本当にありがとうございました。
皆様のおかげで今の私達があります。
日本は今外国によって偽りの歴史を捏造されるという『情報戦』のなかにあります。
皆様の証言やご署名は生きた証拠、事実として強力な武器となります。
日本の名誉を守るために、どうぞ皆様のお力をお貸しください。

○このプロジェクトに賛同いただける皆様へ
皆様の周りやお知り合いの中に旧日本軍人の方、軍属または女性であっても当時の体験者がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介をお願いいたします。このプロジェクトを推進しともに日本を守るためにご協力をお願いいたします。


先人の名誉回復とは、現代を生きる私たちの、ひいては子孫へ受け継ぐ誇りを取り戻すことにほかなりません
次世代に繋いでいきましょう


○ お問い合わせ
生き証人プロジェクト
pekiyoshie@yahoo.co.jp
 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

寄付のお願い

当会の活動に賛同下さいます皆様からのご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。
ご寄付は下記の口座へ郵便局・一般金融機関(銀行・信用金庫など)から直接ご入金下さい。

ゆうちょ銀行から振り込む場合
口座名 生き証人プロジェクト 
普通(記号)10210
番号59870031

他の銀行から振り込む場合
店名028 店番028
普通(口座番号)5987003

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM